ガッツリヘルシー♡【レシピ】豚バラと豆もやしのガーリック炒め 大掃除と断捨離の話付き

新型コロナウイルス感染予防対策といたしまして、講師体温を掲載させて頂いています。

2021年1月13日 36.2℃



コロナでおうちで過ごす時間が多くなり、家の整理した方も多いと思います。

そんな私も、昨年は大掃除と断捨離を頑張りました!


今日は、その様子を豚バラと豆もやしのガーリック炒めと共に語ろうと思います(笑)

お付き合いくださいませ・・・。



私が住んでいる羽村市は、資源ごみや危険物、プラスチックなどは月に1度の回収なので、

大掃除は、ごみスケジュールに合わせて実行★


11月から初めて、少しづつ、少しづつゴミを出していく・・・(笑)

豆もやしラブ♡


クローゼットの断捨離がずっとしたくて、やっと実行。

部屋の半分を埋まる洋服などを手放しました。


会社員時代に着ていた服はほとんど処分。

年齢的にちょうど手持ちの服が合わなくなってきた時期なので、迷わず処分しました。


おかけで、クローゼットはスッキリ!

洋服の買い足しも、無駄なくできるようになったので、やってホント良かった♪


そうすると、止まらなくなる片づけの勢い(笑)


階段下の収納や、納戸にもワゴンを買い足して整理整頓!

すっきりして、取りやすくなり、

ちょう気持ちいい♡

にんにくは1片入ってガッツリですヨ★


ずっと気になっているキッチン周りもやりたいのですが、これは家具の買い足しになるので迷い中。

すっきりと、おしゃれで機能的な収納を探し中です。

ゴミ箱上ラック 高さ180 DGR-800H ゴミ箱 ラック ごみ箱 レンジ台 レンジボード 食器棚 隙間 収納 キッチン おしゃれ 背面収納 山善(YAMAZEN) 【送料無料】

価格:15,299円 (2020/12/27 11:56時点) 感想(22件)

今、悩んでいるのがコレ↑

ゴミ箱が入るのを探しています。



部屋の片づけにも力が入った年末でしたが、

そんな忙しい時は、野菜をたっぷりと使った炒め物が1番!

ご飯はさっと作れて、体に元気をくれるものが良い。

食物繊維が豊富な「豆もやし」を使って、炒め物に。

にんにくをガッツリと入れるのが、ポイントです!



時間:15分 材料(2人分) ・豚バラ肉 150g ・豆もやし 1袋(250g) ・にんにく 1片 ・ごま油 小さじ2 調味料 ・酒 大さじ1 ・塩 ひとつまみ ・黒胡椒 少々 下味 ・酒 小さじ1 ・塩 少々 作り方 1. 豚バラ肉は2㎝程度の幅に切り、下味をつける。 2. にんにくはみじん切りにする。 3. フライパンを中火にかけて、ごま油とにんにくを入れて、豚バラ肉を炒める。 4. 豚バラ肉に火が通ったら、豆もやしを加える 5. 調味料を加えて、全体が混ざるように炒めたら完成。

ポイント 豚バラ肉を加えたら、にんにくは上にのせるようにして焼くと焦げなく、美味しく仕上がります。 お肉はハサミを使って切るとまな板が要らず、洗い物が減ります。



お肉はハサミで♡


これは一応レシピなので、バットに入れていますが、ぜひ、買ってきたままのトレーの上で切っちゃって下さい。





忙しい時に、まな板なんて出してられっか!

の、勢いで(笑)


そして、

にんにくはお肉の上へ。


焦げちゃお味も見た目も台無し。

お肉の上に逃がしてあげましょう






なんでもない炒め物ですが、ご馳走続きの胃には野菜たっぷりが嬉しいもの。

にんにくでパワーもチャージ★

お箸でつかんでワシっと食べたい♪

ご飯にも、お酒にも合います。

家族みんなでワシワシ食べて欲しいな♪



#豚肉 #豚バラ肉 #豆もやし #にんにく #炒め物 #野菜たっぷり #ヘルシー #フライパンひとつ #おうちごはん #大掃除 #料理教室 #初心者歓迎 #青梅線 #小作駅 #駅近 #羽村市 #青梅市 #福生市 #プライベートレッスン #ブリングキッチン #レシピブログ #フードコーディネーター #料理研究家 #レシピ開発

​Bring Kitchenの最新情報をメールでお知らせします
instagram.jpg
line.jpg

〒205-0001 東京都羽村市小作台1-19-23 |  takahashi@bringkitchen.com  |  LINE@Bring Kitchen

JR青梅線 小作駅より徒歩3分
東京都羽村市にある小さな料理教室
毎日の献立の悩みを解消!
作り置き料理からパーティー向けの料理など

楽しくレッスン

※駐輪場あり

※駐車場につきましてはご用意がありません。

​公共交通機関または近隣有料駐車場のご利用をお願いいたします。

© 2019 Bring Kitchen, produced by FIELD LOGOS Inc.