料理初心者さんはぜひ作って欲しい!【レシピ】オリーブの粉ふきいも


新型コロナウイルス感染予防対策といたしまして、講師体温を掲載させて頂いています。

2021年1月4日 36.2℃



いつも若干ふざけ気味なこのブログ。

今日は、ちょっと真面目に料理について書かせて頂きます。


「お?なんだ?」

と、思った方。

ありがとうございます。


ちょっと気づいちゃったんです。

粉ふきいもで!

小学校の調理実習で作った記憶のあるアレです。


粉ふきいもという料理は、

料理のノウハウを知るのに、

とても良い料理なんです。



は!?

と、思われた方に工程ごとに説明すると・・・



①じゃがいもの皮を剥き切る。

初心者さんは、まず慣れなくてはならない作業。

②かぶるくらいの水加減で煮る。

水加減や、水分量を見極める力がつく。

③水分を飛ばし、粉をふかせる。

調理後の形状変化を予測しながら調理する力がつく。



料理教室でも説明しているのですが、

料理は、水加減と火の入れ方で決まります。

②と③は、どの料理にも共通すると思います。



例えば、煮る工程はない「ハンバーグ」

加える水の問題ではなく、食材が持つ水分量がちがってきます。


解凍肉。生肉。合挽。牛肉100%。豚肉100%。

もっと言えば、スーパーで扱う仕入れ先のお肉でも差が出ます。


肉々しい挽き肉ならば、卵は大き目のものを選び、牛乳で調整。

逆に、脂が多めなら、小さめの卵にパン粉の量も調整。


火加減も、火が強すぎれば焦げるのはもちろん、酒やワインなどを加えれば一気に蒸発してアセる。

弱ければ、水分が出てきて、後々のソースの仕上げに苦労する。


こういうのが、レシピ通り作っても、

仕上がりの写真とは程遠い結果になる!


粉ふきいもは、水分が飛んで、粉がふいている状態が仕上がり。

じゃがいもに火が通ったか確認し、最後に水分を飛ばす作業はまさに水加減と火の入れ方!


最終状態を想像しながら料理することはとても大切で、それがないと迷走しだします。



料理の基本は粉ふきいも(笑)


小学校の調理実習の項目に入っていることだけの事はありました。

(昭和時代談。令和になって授業にあるのかは知らん・・・)



長くなってすみません・・・。

黒オリーブを入れた、大人の調理実習の始まりです★



時間:15分 材料(2人分) ・じゃがいも 3個(250g) ・黒オリーブ(スライスタイプ) 50g 調味料 ・塩 ひとつまみ ・ガーリックパウダー 少々


作り方 1. じゃがいもは皮を剥いて、一口大に切ったら水にとる。 2. 鍋にじゃがいもが被る程度の水と塩を入れて中火にかける。 3. 灰汁が出たら取り、じゃがいもに火が通るまで茹でる。 4. 水分を捨て、黒オリーブを入れて、鍋をゆすりながらじゃがいもの水分を飛ばし、粉をふかせる。 5. ガーリックパウダーを加えて混ぜたら完成。

ポイント じゃがいもの水分を飛ばす際は焦げないように注意します。

ホクっと仕上がったじゃがいもに、

黒オリーブの油分がジュワ❤

ワインに合います!

調理実習で習ったアレも大人になったものです(笑)



献立はこんな感じになりました。

・しいたけとオリーブのパスタ

・しいたけとしじみの酒蒸し

・しいたけと水菜のサラダ

・オリーブの粉ふきいも


しいたけ祭り(笑)


全て頂いた「愛情しいたけ」で作りました♪

レシピブログ×JA全農福島さんのコラボ企画

「福島クッキングアンバサダー」


ワインのつまみにも、付け合わせにも良い、便利副菜。

料理の基礎が詰まってますヨ!



#レシピブログ #福島クッキングアンバサダー #料理初心者 #おススメ #じゃがいも #オリーブ #粉ふきいも #付け合わせ #副菜 #料理の基本 #おうちごはん #料理教室 #青梅線 #小作駅 #駅近 #羽村市 #青梅市 #福生市 #プライベートレッスン #ブリングキッチン #フードコーディネーター #料理研究家 #レシピ開発

​Bring Kitchenの最新情報をメールでお知らせします
instagram.jpg
line.jpg

〒205-0001 東京都羽村市小作台1-19-23 |  takahashi@bringkitchen.com  |  LINE@Bring Kitchen

JR青梅線 小作駅より徒歩3分
東京都羽村市にある小さな料理教室
毎日の献立の悩みを解消!
作り置き料理からパーティー向けの料理など

楽しくレッスン

※駐輪場あり

※駐車場につきましてはご用意がありません。

​公共交通機関または近隣有料駐車場のご利用をお願いいたします。

© 2019 Bring Kitchen, produced by FIELD LOGOS Inc.