母直伝!【レシピ】しゅんぎくと柿の白和え

新型コロナウイルス感染予防対策といたしまして、講師体温を掲載させて頂いています。

2020年12月3日 36.3℃



秋になると楽しみにしているのが「柿」を使った白和え。

始めて母が食卓に出したときは、美味しさに驚きました。

この柿を使った白和えは、どこかの懐石料理で出されたものと言っていました。

バブル恩恵者の母は、当時外食の女王で1日1回は必ず外食をしていたように思います。

お店を経営していたので、お付き合いも多かったのでしょう。

美味しいお店に行くと、必ず私たちを連れてってくたものです。

もともと母の白和えは美味しくて、定番は柿ではなくて人参。

青菜もその時々に手に入るもので作っていたと思います。


甘くて、でも塩も効いていて、まだ料理をさほどしなかった私は

「何が入ってるんだろう??」と、思っていました。


「母直伝」と言ってますが、大雑把な母が細かく計量するはずもなく、かつ、私に料理を教えるはずもないので、ざっくりと入っているものを教わってレシピにしました。


今回の青菜は福島県産のしゅんぎくで。

甘い柿と、しゅんぎくのほろ苦さが美味しい白和えです。



レシピブログ×JA全農福島さんのコラボ企画

「福島クッキングアンバサダー」

頂いた福島県産のしゅんぎくで作りました!



時間:15分 材料(4人分) ・福島県産しゅんぎく 1/2株(70g) ・絹ごし豆腐 1丁(300g) ・柿 1/2個(60g) ・白ごま 大さじ1と1/2 調味料 ・砂糖 大さじ1 ・めんつゆ 小さじ2 ・塩 小さじ1/2

作り方 1. 豆腐は水切りをしておく。 2. 春菊は耐熱皿に入れて電子レンジにかける。   (600W 1分20秒) 水に取り熱を取ったら2㎝程度の幅に切り絞っておく。 3. 柿は皮を剥いて細切りにしておく。 4. 白ごまはフライパンで煎り、すり鉢に入れて擂る。 5. 調味料を入れて混ぜ、豆腐を加えたらすりこ木で潰すように和える。 6. 春菊と柿を加えて和えたら完成。

ポイント 豆腐の水切りはしっかりとします。

豆腐の水切りは面倒ですが、料理をする1番初めの作業にして他の作業を進めます。

今回は、りんごを使って重しに。

ウエイト不足の柿。

残念!


優しい美味しさの白和え。

かつて主人はこの良さがわからず、手をつけてくれませんでした。

それが、歳をとったものです。

いつからか「うんま」の声に変わりました。


かれこれ30年の付き合いなので、嗜好も変わるのは当然。

美味しさを共有出来て、この料理を作る楽しみも増えました。

母から教わった「我が家の味」

息子にも伝わるといいな・・・。


今のところ食卓に出しても、

息子は手も付けませんけどね(笑)



#レシピブログ #JA全農福島 #福島クッキングアンバサダー #福島県産 #春菊 #白和え #柿 #豆腐 #家族 #おうちごはん #料理教室 #初心者歓迎 #青梅線 #小作駅 #駅近 #羽村市 #青梅市 #福生市 #プライベートレッスン #ブリングキッチン #フードコーディネーター #料理研究家 #レシピ開発