息子の好き嫌い問題と向き合う★【レシピ】小松菜と鶏むね肉のオレガノマヨ炒め

新型コロナウイルス感染予防対策といたしまして、講師体温を掲載させて頂いています。

2020年10月21日 36.7℃


レシピブログさんで開催している

「スパイスで好き嫌い解消チャレンジ」



子育て中のママの永遠の問題。

子供の好き嫌い


ありますよ!あります!!

我が息子にも好き嫌いが!!!


食べれない程の嫌いならば、仕方ないと思えるのですが、親を困らせるのは

なんとなく避ける食材や料理


うちの子は、好き嫌いが激しいのではなく、食べ慣れていないものは避ける傾向。

刺身や寿司などの生ものもが未だNG。

そろそろ生ものも食べさせていいかな?

って頃にお刺身を食べさせようとしたけれど、断固拒否!


いつか食べるだろうと見守っているけれど、回転寿司で「ハンバーグ寿司」と「フライドポテト」をご所望するのはいかがなものか・・・。

(マックに行け!!)


子供なら大好きなカレーも、最初は「嫌い」と言い切り食べてくれず。

今でこそ、私が作った普通のカレーなら食べますが、外食でカレーを頼んだことは未だない。


そんな中、もっぱら困っているのが葉物の野菜。


ほうれん草のお浸しは好きだけど、小松菜になると食べず。

キャベツは大好物と言っていいのに、レタスは見向きもせず。


一体、そのボーダーラインはどこ!?

と、突っ込みたくなる。


なので、今回のレシピブログさんの企画でぜひとも挑戦したいのが小松菜。

スパイスの力を借りて、小松菜を美味しく食べてもらうレシピづくりに挑戦します!

スパイスブログ認定スパイスアンバサダー2020



【レシピ】小松菜と鶏むね肉のGABANオレガノマヨ炒め


時間:20分 材料(2人分) ・小松菜 1袋200g ・鶏むね肉 1枚 250g ・オリーブ油 大さじ1 調味料 ・GABANオレガノ 小さじ1 ・塩 ひとつまみ ・酒 小さじ2 ・めんつゆ 大さじ1 ・マヨネーズ 大さじ1 下味 ・酒 小さじ1 ・塩 少々 作り方 1. 鶏むね肉は、斜めに包丁を入れて食べやすい大きさの削ぎ切りにし、下味をつける。 2. 小松菜は3㎝程度のざく切りにし、茎の部分と葉に分けておく。 3. フライパンにオリーブ油を入れて中火にかけ、フライパンが温まったら鶏むね肉を重ならないように入れて焼く。 4. 焦げ目がついたらひっくり返し、GABANオレガノを振り入れる。 5. GABANオレガノが全体に絡んだら、小松菜の茎の部分を入れる。 6. 小松菜がしんなりとしてきたら葉の部分を加え、塩、酒、めんつゆ、マヨネーズを加えて、マヨネーズを溶くようにして炒める。 7. 調味料が全体に馴染んだら完成。

ポイント GABANオレガノは鶏むね肉に振りかけて、風味をしっかりと移します。

マヨネーズのコクと、オレガノの優しい風味が絡んで美味しく仕上がりました♪

小松菜の茎はしゃっきりと、葉は調味料を吸ってコク旨!

鶏むね肉も、そぎ切りにしているので柔らか♡

他に野菜を入れないのがポイントで、

なにがなんでも小松菜を食べてもらいましょう作戦(笑)

結果ですか?




・・・まぁまぁな食べっぷりだったかナ?




レシピブログさんのおかげで、諦めていた息子の好き嫌いに向き合いました。


「こうしたら食べるかな?」

と、考えるのはすんごく楽しい!


まだまだレシピ考えたいな♪



息子には「まぁまぁ」だった今回のレシピ。

主人には「味付けが良いよ!」と、お褒めの言葉を頂きましたヨ★



#レシピブログ #スパイスアンバサダー #GABANオレガノ #ハーブ #小松菜 #鶏むね肉 #材料2つ #好き嫌い #おうちごはん #料理教室 #初心者歓迎 #青梅線 #小作駅 #駅近 #羽村市 #青梅市 #福生市 #プライベートレッスン #ブリングキッチン #フードコーディネーター #料理研究家 #レシピ開発

​Bring Kitchenの最新情報をメールでお知らせします
instagram.jpg
line.jpg

〒205-0001 東京都羽村市小作台1-19-23 |  takahashi@bringkitchen.com  |  LINE@Bring Kitchen

JR青梅線 小作駅より徒歩3分
東京都羽村市にある小さな料理教室
毎日の献立の悩みを解消!
作り置き料理からパーティー向けの料理など

楽しくレッスン

※駐輪場あり

※駐車場につきましてはご用意がありません。

​公共交通機関または近隣有料駐車場のご利用をお願いいたします。

© 2019 Bring Kitchen, produced by FIELD LOGOS Inc.