おうち居酒屋★【レシピ】やげん軟骨のパプリカソース

新型コロナウイルス感染予防対策といたしまして、講師体温を掲載させて頂いています。

2020年9月20日 36.9℃


久しぶりの「おうち居酒屋」

大好きなやげん軟骨をパプリカを使って、ちょっとオシャなつまみにしました!

「パプリカ」


ハンガリー料理やスペイン料理によく使われるスパイスです。

見た目の赤さで、辛いと思われがちですがまったく辛くはありません。


私のレシピにハンガリー料理はないので(笑)

使う時はもっぱら揚げ物の「衣」として使っています。

「フィッシュ&チップス」の衣や、

11月の料理教室のメニューだった

「秘密の衣★チキンフリッター」など。

他のスパイスと共に入れて衣にすると、風味も豊かに仕上がります。


今回は、やげん軟骨によく絡むソースに。


パプリカと馴染むようにマヨネーズを使用してソースにします。

簡単につくれるレシピですよ★


使用したGABANパプリカ

「レシピブログ」スパイスアンバサダーで頂いたものを使用しています。


時間:15分 材料(二人分) ・やげん軟骨 300g ・サラダ油 小さじ2 調味料 ・GABANパプリカ 小さじ1 ・マヨネーズ 小さじ2 ・酒 小さじ2 ・塩 ひとつまみ ・ガーリックパウダー 少々 下味 ・酒 小さじ1 ・塩 少々 作り方 1. やげん軟骨に下味をつける。 2. フライパンを中火にかけてサラダ油を入れて、フライパンが温まったら、やげん軟骨を加えて焼く。 3. 片面に焦げ目がついたら裏返し、酒、GABANパプリカ、ガーリックパウダー、塩を加える。 4. ひと混ぜしたら、蓋をして1分蒸し焼きにする。 5. マヨネーズを加えて、全体が馴染むように炒めたら完成。

ポイント やげん軟骨は蓋をして蒸し焼きにする事で中まで火を通します。

「パプリカの味!」

と、言うものはないのですが、風味程度ほのかな苦みがあります。

決して、マヨネーズとガーリックパウダーでは出せないお味。


そして、この仕上がり!

赤く染まったやげん軟骨が食欲をそそります。

見た目って大事(笑)


居酒屋というより、バル風!?

え?言い過ぎ??

美味しいおつまみで連休の家飲みを楽しんじゃいましょう♪


#レシピブログ #スパイスアンバサダー #パプリカ #鶏肉 #ナンコツ #マヨネーズ #フライパンひとつ #簡単 #つまみ #おうち居酒屋 #料理教室 #初心者歓迎 #青梅線 #小作駅 #駅近 #羽村市 #青梅市 #福生市 #プライベートレッスン #ブリングキッチン #レシピブログ #ネクストフーディスト #フードコーディネーター #料理研究家

​Bring Kitchenの最新情報をメールでお知らせします
instagram.jpg
line.jpg

〒205-0001 東京都羽村市小作台1-19-23 |  takahashi@bringkitchen.com  |  LINE@Bring Kitchen

JR青梅線 小作駅より徒歩3分
東京都羽村市にある小さな料理教室
毎日の献立の悩みを解消!
作り置き料理からパーティー向けの料理など

楽しくレッスン

※駐輪場あり

※駐車場につきましてはご用意がありません。

​公共交通機関または近隣有料駐車場のご利用をお願いいたします。

© 2019 Bring Kitchen, produced by FIELD LOGOS Inc.