フライパンひとつdeご馳走♪【レシピ】豚肉のソテー・マスタードシャンピニオンソース

新型コロナウイルス感染予防対策といたしまして、講師体温を掲載させて頂いています。

2020年7月28日 36.5℃

シャンピニオンソース。

マッシュルームをソースに使ったソースですが、今回はマスタードも使い極旨ソースに♪


しかも、フライパンひとつで作ります。


ソースは別に作って・・・

なんて、やってられない家庭料理。


家庭料理にアレンジして、簡単に美味しいもの作りたい!

食いしん坊全開のレシピです★


時間:30分 材料(二人分) ・豚ロース肉(薄切り) 200g ・マッシュルーム 3個(40g) ・玉ねぎ 1/4個(80g) ・オリーブ油 大さじ1 ・バター 10g 調味料 ・白ワイン 大さじ2 ・顆粒コンソメ 小さじ1/4 ・塩 ひとつまみ ・黒胡椒 少々 ・粒マスタード 小さじ2 ・牛乳 大さじ3 下味 ・塩 少々 ・GABANホワイトペパー 少々 ・薄力粉 適量 作り方 1.豚ロース肉に、塩と胡椒を振り、薄力粉をまぶしておく。 2.玉ねぎとマッシュルームはみじん切りにする。

3.フライパンにオリーブ油を入れて中火にかけ、フライパンが温まったら豚ロース肉を入れて焼く。 4.両面焦げ目がつくまで焼いたら、一旦、取り出す。

5.同じフライパンにバターを入れて、バターが溶けたらマッシュルーム、玉ねぎを入れて炒める。


6.全体に火が通ったら、白ワイン、顆粒コンソメ、塩、黒胡椒、粒マスターを加える

7.全体が馴染んだら牛乳を加え、豚ロース肉をフライパンへ戻す。


8.ソースを絡ませて完成。

ポイント フライパンひとつでソースまで作る簡単フレンチです。 豚ロース肉を焼いたフライパンの掃除はぜすに、豚の脂と旨味をそのままソースに活かします。      

得意のなんちゃってフレンチ(笑)


シャンピニオンソースはフレンチでポピュラーなソースですが、多くは牛肉のステーキソースだと思います。

フランスで豚肉と言えば、ハムやソーセージのほうがポピュラー。

恐らくこういった料理はフレンチにはないはず。


でも、ソースは本格的ですよ★

シャクっとした玉ねぎに、マッシュルームの深みのある香り。

そこにマスタード。

とても凝ったソースの味がするので、おもてなし料理にも向いています♪

家庭料理らしいフレンチ(笑)

ワインを開けて週末のディナーにいかがでしょう?



#レシピ #フレンチ #豚肉 #シャリアピンソース #マッシュルーム #マスタード #フライパンひとつ #簡単 #おうちごはん #料理教室 #習い事 #東京都 #羽村市 #青梅線 #小作駅 #駅近 #Bringkitchen #ブリングキッチン #青梅市 #福生市 #レシピブログ #ネクストフーディスト #フレンドクック #フードコーディネーター #料理研究家

​Bring Kitchenの最新情報をメールでお知らせします
instagram.jpg
line.jpg

〒205-0001 東京都羽村市小作台1-19-23 |  takahashi@bringkitchen.com  |  LINE@Bring Kitchen

JR青梅線 小作駅より徒歩3分
東京都羽村市にある小さな料理教室
毎日の献立の悩みを解消!
作り置き料理からパーティー向けの料理など

楽しくレッスン

※駐輪場あり

※駐車場につきましてはご用意がありません。

​公共交通機関または近隣有料駐車場のご利用をお願いいたします。

© 2019 Bring Kitchen, produced by FIELD LOGOS Inc.