【レシピ】ふんわり仕上げ♡わさびソースdeピーマンの肉詰め 失敗しない作り方のコツ。

定番料理の「ピーマンの肉詰め」

今日はソースにチューブ調味料の「わさび」をちょい足し★

大人味のピーマンの肉詰めになりました!

出来たてを主人に味見してもらったら、

「うんまやばいねコレ。」

と、大絶賛を頂きました!


ふんわりと仕上げあるコツを詳しく紹介します♪


スパイスアンバサダーで頂いた「ハウス おろし生わさび」

GABANブラックペパー<パウダー>で作りました!



時間:20分

材料(二人分)

・ピーマン 3個

・合いびき肉 300g

・玉ねぎ 1/4個(50g)

・サラダ油 大さじ1

肉ダネ調味料

・酒 小さじ2

・醤油 小さじ1

・薄力粉 小さじ1

・塩 少々

・GABANブラックペパー

 <パウダー> 少々

ソース調味料

・酒 大さじ2

・砂糖 大さじ1

・醤油 大さじ1

・ハウス おろし生わさび 小さじ1

・水 小さじ1


作り方

1.ピーマンは半分に切り、ヘタの部分に切り込みを入れて種とワタを除き、薄力粉(分量外・適量)を振りかける。


2.玉ねぎはみじん切りにする。

3.ボウルにひき肉を入れて、肉ダネ調味料を入れて軽く混ぜる。


4.玉ねぎを加えて挽き肉に混ざるようにざっくりと混ぜて、6等分にする。

5.肉ダネをピーマンに詰める。


6.フライパンとサラダ油を中火にかけて、フライパンが温まったら肉側を下にして並べ

 焦げ目がつくまで焼く。


7.焦げ目がついたら弱火にして、酒を加えて蓋をして2分蒸し焼きにする。

8.ひっくり返して、更に1分蒸し焼きにする。


9.酒、砂糖を加えて絡めるように焼く。


10.「ハウス おろし生わさび」を水で溶き、醤油を一緒に加えて、全体が絡んだら完成。

ポイント

肉ダネは混ぜ過ぎると硬くなるので、軽く混ぜるようにします。

ハウス おろし生わさびは水で溶いてから入れることで、ソースと馴染みやすくなります。

ポイントがありすぎて、何から触れたらいいのやら・・・(笑)


まずは、ピーマンの切り方。


ヘタは残して切り込みを入れてからワタと種をとると綺麗なケース状になります。











あと、1番重要なのは、

肉ダネは混ぜ過ぎない。


普通のハンバーグの要領で混ぜると

硬くなります。


挽き肉の形状が残るくらいが、食べた時美味しいです。



ふんわりとしていてジューシー♡


・・・に仕上げるには、混ぜ過ぎない!

コツです♪

主人を唸らせるほど美味しい味付けは、甘さの中にくる、わさびの辛さ。

確かに、すごく合っていて、あと引く美味しさ


もちろん、息子は食べないけどね。

課題の多さにふてくされている息子。

確かに多すぎるよ・・・


なので、息子に甘い母さんはケチャップ味もご用意。

見た目一緒(笑)

ロシアンピーマンの肉詰めすればよかったかな・・・(笑)


と、いう事で献立はこんな感じに。

♢ピーマンの肉詰め

 わさびソースと甘いケチャップ味。

♢サラダ

♢パクチー冷奴


サラダはあのお皿にいつもの

テキトー系。


もう見飽きたかしら・・・










そんで、ヤバかったのはパクチー冷奴!

スイチリとレモンかけたら、悶絶!!!

すんごい美味しい♡

この夏に何度も登場しそう(笑)

定番料理だからこそのアレンジ。

楽しいったらありゃしない♪


これからピーマンは旬を迎えますね。

バンバン作りたいな!


#レシピブログ #スパイスアンバサダー #ハウス食品 #生わさび #ピーマンの肉詰め #ピーマン #挽き肉 #ちょい足し #アレンジ料理 #おうちごはん #料理教室 #習い事 #東京都 #羽村市 #青梅線 #小作駅 #駅近 #Bringkitchen #ブリングキッチン #青梅市 #福生市 #レシピブログ #ネクストフーディスト #フレンドクック #フードコーディネーター #料理研究家

instagram.jpg
line.jpg

〒205-0001 東京都羽村市小作台1-19-23 |  takahashi@bringkitchen.com  |  LINE@Bring Kitchen

JR青梅線 小作駅より徒歩3分
東京都羽村市にある小さな料理教室
毎日の献立の悩みを解消!
作り置き料理からパーティー向けの料理など

楽しくレッスン

© 2019 Bring Kitchen, produced by FIELD LOGOS Inc.