旬の野菜♡アスパラガスのセビーチェ

先日の息子の誕生会の時に作ったセビーチェ。

近所のお気に入りのお店で初めて食べてから虜に♡


ライムの味に馴染みがなかったので、初めて食べた時は

「ヤバッ」

と、悶絶しました(笑)


セビーチェは本当は「セビチェ」と言うらしいですね。

魚介類なら何でも良いらしく、白身魚を使ったセビーチェも本場ではポピュラーらしいです。

ライムでなくてレモンでもOK!


南米の大らかさを感じます。


今回は、旬のアスパラを使って作りました。

プリプリの海老との相性も間違いないおススメの組み合わせです。



時間15分

材料(2人分)

・福島県産 アスパラガス 2本(80g)

・海老 8尾(100g)

・玉ねぎ 1/2個

・ミニトマト 5個

・ライム 1/4個

調味料

・塩 ふたつまみ

・黒胡椒 少々

・オレガノ 小さじ1/4

・パセリ 小さじ1/4

・ガーリックパウダー 少々

・チリパウダー お好みの量

・オリーブ油 大さじ1


作り方

1.アスパラガスの下処理をする。

 根元の硬い部分(3㎝程度)を切る。

 根元から10㎝程度の皮をピーラーで剥く。

 袴を取る。

 食べやすい大きさに切る。


2.玉ねぎは粗目のみじん切りにし水にさらす。


3.ミニトマトは4等分に切る。

4.鍋に湯を沸かし、沸騰したら塩(分量外・少々)を加え、アスパラガスの茎の部分から

 茹でる。10秒たったら穂先を加えて、50秒でザルにあげる。


5.同じ鍋で海老を2分間茹でて、水にとる。

6.ボウルに海老を入れてライムを絞り、絞ったライムと調味料、を加えて和える。


7.玉ねぎ、ミニトマト、アスパラガスを加えてオリーブ油を加え、よく和えたら完成。

ポイント

海老は水に取り、プリっと仕上げますがアスパラガスは水に取らず、熱いまま調味料と和えることで馴染みが良くなります。

ピカピカのアスパラガス。


茹で時間は太さによりますが、短めに茹でるのがおススメです。

歯ごたえがぜんぜん違います!


今回のアスパラガスも、当然、福島県産のもの。

 ↓ これです。

福島クッキングアンバサダー

頂いたアスパラガスで作りました!


プリプリな海老は何個でも食べれますヨ(笑)

ライムとチリパウダーを効かせた味は異国な味

ぜひ試してみて下さいね!



#レシピブログ #JA全農福島  #福島県  #野菜  #アスパラガス  #旬野菜  #セビーチェ  #海老  #おうちごはん  #福島クッキングアンバサダー #料理教室 #習い事 #東京都 #羽村市 #青梅線 #小作駅 #駅近 #Bringkitchen #ブリングキッチン #青梅市 #福生市 #ネクストフーディスト #フードコーディネーター #料理研究家

​Bring Kitchenの最新情報をメールでお知らせします
instagram.jpg
line.jpg

〒205-0001 東京都羽村市小作台1-19-23 |  takahashi@bringkitchen.com  |  LINE@Bring Kitchen

JR青梅線 小作駅より徒歩3分
東京都羽村市にある小さな料理教室
毎日の献立の悩みを解消!
作り置き料理からパーティー向けの料理など

楽しくレッスン

※駐輪場あり

※駐車場につきましてはご用意がありません。

​公共交通機関または近隣有料駐車場のご利用をお願いいたします。

© 2019 Bring Kitchen, produced by FIELD LOGOS Inc.