おうち居酒屋★スパイシィ♡ナンコツとエリンギのカレー炒め

大好きなナンコツ。

出会いは今から〇十年前の20代。

〇の中は1でしょうか? 2でしょうか? 3・・・


どうでもいいような居酒屋で頼んだ「軟骨の唐揚げ」

あまりの衝撃な美味しさにおかわりを頼んだ記憶が(笑)


当時はスーパーで「ひざなんこつ」を売っていなかったので、お外でしか食べれなかったのですが、今では比較的、どこのスーパーでも取り扱っています。


そんな大好きな軟骨は、おつまみになるのでよく買います。

塩コショウだけで炒めても美味しいし、モニターでもレシピにしました。

ナンコツの黒胡椒炒め」


今日のレシピは絶対に美味しいカレー味♡

合わせるのは「エリンギ」にし、食感の違いを楽しみます。



時間15分

材料(二人分)

・鶏ひざ軟骨 120g

・エリンギ 1パック(100g)

・サラダ油 小さじ2

調味料

・カレー粉 小さじ1

・ガーリックパウダー 少々

・塩 ふたつまみ

・黒胡椒 少々

・水 大さじ1

下味

・酒 小さじ1

・塩 少々

・黒胡椒 少々



作り方

1.鶏ひざ軟骨に下味をつける。


2.エリンギは軸を落とし、縦半分に切った後に乱切りにする。

3.フライパンを中火にかけてサラダ油を入れ、温まったら鶏ひざ軟骨を入れて蓋をして

 1分炒める。


4.蓋を取り、エリンギを加える。


5.エリンギに油が回ったら、塩、黒胡椒、ガーリックパウダーを加えて炒める。


6.カレー粉、水を加えて全体に混ざるように炒めたら完成。

ポイント

鶏ひざ軟骨は最初に蓋をして火を通します。

たまにゆすりながら炒めて下さい。


カレー粉でスパイシーの仕上がった軟骨の美味しさよ・・・

先日の黒胡椒炒めもそうですが、ナンコツにはスパイシーな味付けが良く合います。

合わせるのはきのこでなく野菜でも美味しいですが、エリンギのような食べ応えがあるもののほうがボリュームが出ます。

そしてきのこならカロリーゼロ。

神・・・



んでね。

ちょっと最近の話を・・・


「いのちを守るSTAY HOME週間」が制定されましたが、でなくても外出をしない引きこもりの私。


そんなんが日常の私は日頃すっぴんで過ごす日もザラ。

外に出る用事がなければお化粧はしません。


そんな日常を過ごしている私ですが、

最近毎日お化粧をしています。

しかも、チーク、アイシャドウ、マスカラのまでフルメイク。


その理由は主人。

あらやだ♡と、思った方・・・

ここから腹黒さ全開です。



在宅勤務が始まり、自宅のリビングで仕事しているのは以前も書きました。

スーツこそ着ていないものの、仕事モード全開の主人。

環境を快適にしてあげたいので、私と息子も協力。


コーヒーを入れたり、「〇〇さん」と名字で呼んでみたりして、更には

「何か手伝えることあります?」

「お先に失礼しまーす」

などと、オフィスの空気を出していました。←間違った方向性・・・


そして気づいた。

私すっぴんマズくね?


きっと主人の会社には綺麗な女性社員がいっぱい(想像)

集中して仕事をして、ふと顔を上げたら、そこにはすっぴんブサイクな妻・・・


離婚だな。


離婚も嫌だし、主人の会社の美人女性社員たち(想像)にも

負けたくない!!!


それにね、日常に戻った時に在宅勤務は快適だったと

主人に思わせたい!


そんな腹黒さ全開の私にバチが当たったのか

ほっぺにでっかいニキビが出来きました。


毎日メイクをしたからか!?

それともストレス??


ちょっと残念な私の性格が生み出した不幸(笑)

見えない敵は「コロナ」だけではなかったです・・・。



#レシピ #簡単レシピ #おうち居酒屋  #つまみ  #ナンコツ  #エリンギ  #カレー  #材料二つ  #おうちごはん  #料理教室 #習い事 #東京都 #羽村市 #青梅線 #小作駅 #駅近 #Bringkitchen #ブリングキッチン #青梅市 #福生市 #レシピブログ #ネクストフーディスト #フードコーディネーター #料理研究家

instagram.jpg
line.jpg

〒205-0001 東京都羽村市小作台1-19-23 |  takahashi@bringkitchen.com  |  LINE@Bring Kitchen

JR青梅線 小作駅より徒歩3分
東京都羽村市にある小さな料理教室
毎日の献立の悩みを解消!
作り置き料理からパーティー向けの料理など

楽しくレッスン

© 2019 Bring Kitchen, produced by FIELD LOGOS Inc.