【レシピ】ブロッコリーと根菜のタラコソイディップ

茹でるだけでもサイコーに美味しいブロッコリー。 もちろんお供はマヨネーズが最高なのですが、今日は少しだけ工夫を・・・

お豆腐を使ったディップなのですが、 がっつりマヨネーズよりもさっぱりといただけます♪

混ぜるだけの簡単ディップのご紹介です!

静岡クッキングアンバサダー 頂いたブロッコリーで作りました!



時間10分 材料(二人前) ・静岡県産ブロッコリー 1株(160g) ・お好みの根菜  今回は蓮根 80g ・たらこ 30g ・絹ごし豆腐 70g 調味料 ・マヨネーズ 小さじ2 ・めんつゆ 小さじ1

1.ブロッコリーと根菜は固めに茹でる。  鍋に水を入れて中火にかけ、沸騰したら塩(分量外)と蓮根を入れる。  1分茹でたらブロッコリーの茎の部分を入れる。  ひと煮たちしたら小房の部分を入れて10秒で全て引き上げて水気を切る。 2.ボウルに豆腐を入れてマッシャーで潰す。

3.マヨネーズ、めんつゆを加えて滑らかになるまで混ぜる。

2.タラコを加えてよく混ぜたらディップの完成。

5.皿にブロッコリーと根菜を盛りつけ、ディップを添える。

ポイント

ブロッコリーと根菜はワンポット調理で時短です。

野菜は水にさらしません。固ゆでにし、予熱で火を通します。


じつはこのソースはパスタで考案したもの。

パスタだと、ソースとして伸ばす要素の食材をもう一つを入れるのですが、 ディップにするなら、この仕上がりが最高です!

ブロッコリーによく絡んで美味しいんですよ♪





組み合わせる根菜はお好みで・・・

大根や人参を一緒に蒸した「蒸し野菜」にも合いますよ!











#レシピブログ  #静岡県  #静岡県産  #ブロッコリー  #マヨネーズ  #豆腐  #たらこ  #ディップ  #簡単レシピ  #おうちごはん #料理教室 #習い事 #東京都 #羽村市 #青梅線 #BringKitchen #青梅市 #福生市  #ネクストフーディスト #フードコーディネーター #料理研究家

instagram.jpg
line.jpg

〒205-0001 東京都羽村市小作台1-19-23 |  takahashi@bringkitchen.com  |  LINE@Bring Kitchen

JR青梅線 小作駅より徒歩3分
東京都羽村市にある小さな料理教室
毎日の献立の悩みを解消!
作り置き料理からパーティー向けの料理など

楽しくレッスン

© 2019 Bring Kitchen, produced by FIELD LOGOS Inc.